開園期間:3月下旬〜4月中旬
 
 

雪解けの清らかな水の流れの中で、
白い花のように見える苞が新しい季節の訪れを告げます。

 

 

 永沢寺に春の訪れを告げる水ばしょう。ここ、「水ばしょうの庭」は平成13年よりオープンし、約600坪の棚田に約2000株と、散策道周辺に自生している水ばしょうが訪れる人々を楽しませてくれてます。
 水ばしょうは湿地に群生するサトイモ科の多年草で、高さは約20〜30cm。白い花のように見える部分は葉の変形で苞(ホウ)といい、仏焔苞(ぶつえんほう)と呼ばれています。花はそのホウの中にある黄色い棒状のものに密生した両性花です。当地の冷涼な気候は暑さに弱い水ばしょうに適し、今年もまた、美しく可憐な姿を楽しませてくれることでしょう。


水ばしょう開園期間中、そば打ち体験をされる場合は、入園料が無料となります!

 
 
 
開花情報
入園料のご案内
 
Copyright (c) shobu.co.jp. All Rights Reserved.

info@shobu.co.jp