しょうぶ園ロゴ


photo
photo


永沢寺について

 永澤寺建立の600余年前から、この山里周辺には「ノハナショウブ」が自生していたと伝えられています。当時、永澤寺に参詣する人々は、花の咲く日を待ち望みながら、はるばるこの寺を訪れ、その清楚な花姿を愛でたのではないでしょうか。こうした人々の昔日の夢に思いを馳せながら、昭和50年に永沢寺花しょうぶ園は開園しました。

開花時期

33,000平方メートルの敷地に全国各地から選んだ優良種を育成し、現在は650種300万本に及ぶ花しょうぶが、6月上旬から7月上旬にかけて一斉に花開き、訪れた人々の目を奪います。各地に開園された花しょうぶ園は、当園から株分けされたものが多く、それらの草分け的存在ともいえます。永沢寺花しょうぶ園は、回遊式の本格的な庭園として広く知られています。

しょうぶ園トップ楽しみ方植え方・育て方系統しょうぶ豆知識
Copyright (c) shobu.co.jp. All Rights Reserved.

info@shobu.co.jp